※いくつか同様のシーンがあり、きちんと耳に添えている場面もあります

 








この記事に関するまとめ