「もう最近は旅行先で泊まるならAirbnbだよな」なんていう言葉をよく耳にする。要は現地の個人宅・スペースに宿泊する民泊のことなのだが、これが今、従来のホテルや旅館とは違う楽しみがあるとして大人気なのはご存知だろうか?

チェーンホテルなどは画一的なデザインの部屋が多いが、個人宅であればその持ち主の個性が反映され、想像以上におもしろい発見ができる可能性があるのだ。

では、実際の民泊施設にはどんなものがあるのか、ちょっと覗いてみようではないか。

 

画像出典:edgetrends.com

イギリス・コーンウォール地方に行った際、こんな可愛らしい荷車に泊まってみてはいかがだろうか?これはジプシーの方に作ってもらった本物の「ジプシーの荷車」。定員は二人までで、ベッドは一つ。宿泊費も一晩100ドル以下!!

 

画像出典:edgetrends.com

中米・ベリーズのにあるこの島もレンタル可能!島には宿泊施設もあり、4人まで滞在可能。釣りやシュノーケリングには最高なロケーション。気になるお値段は一泊395ドル。

 

画像出典:edgetrends.com

ニュージーランドのタスマン地方ではこんな靴の家も!!「ちゃんと暮らせるの?」という心配はご無用。中には必要なアメニティも付いている。しかも朝食付き。値段は一泊249ドル。

 

画像出典:edgetrends.com

こちらはアメリカ、ニューメキシコにあるアースシップ。アースシップとは可能な限りリサイクル可能な材料で作られたエコな家のことだ。このアースシップには電気が通っていないが、泊まるのに不便なことはなく、きちんと生活できるようになっているのだとか。一泊125ドルから宿泊可能。

 

画像出典:edgetrends.com

ザ、犬の家である。こちらはアメリカのアイダホにあり、内部には犬をテーマにしたちょっとした図書室もあるんだとか。オーナー、それだけ犬好きなんだよ・・・。場所は郊外なので周りはとっても静か。費用は一泊98ドル。

こうして見ると、やはりオーナーの個性が炸裂している!「ホテルの似たようなサービスはもう飽きたよ」と感じている方は、こうした民泊施設を試してみるのもいいかもしれない。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:edgetrends.com/The Craziest Airbnb Rentals Available For You To Rent
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ