人間や生き物には「パーソナルスペース」というものがあり、電車の座席などで他人と一定の距離を保ちたくなる性質もそれに当たる。

休日の郊外などで、一休みするために道端のベンチに腰掛ける際もやはり違うベンチに座りたいものだが、混んでいた場合などはどうしても同じベンチに座らざるを得ない場合がある。

もし、その他人同士の距離を無理矢理近くしてしまうとどうなるのか?

興味深い実験の様子を動画でご覧いただこう。
 

 
こちらの実験はネスカフェが行った「The Hello Bench」と題された実験。

同じベンチに他人二人が腰掛けると、ベンチが縮んで二人の距離もどんどん縮んでいく。

思わぬベンチのギミックに座ってる当人同士も笑うしかなく、そのまま二人が素敵な笑顔で挨拶や会話を交わしていくという結果に。

なんとも平和で微笑ましい実験だ。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(nescafeitalia)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ