世界中で大人気のカードゲーム『UNO』の衝撃的なルールが判明した。

『UNO』の公式Twitterによると、“ドロー2”や“ドロー4”などを連続で出すのは、なんとルール違反だったのだ!

 

 

『UNO』といえば誰でも気軽に遊べるカードゲーム。

手持ちのカードを減らし、早く上がった人が勝ちというシンプルなルールで、一度は友達同士や修学旅行などで遊んだ経験はあるかと思う。

海外公式ツイッターは、「前の人がワイルドドロー4を置いたら、あなたは山から4枚のカードを引かねばならず、その次の人に順番がまわります。あなたは次の人に6枚のカードを引かせるために、ドロー2を置くことはできません。これまでそうしていたと思いますが」とツイートし、ドロー2やワイルドドロー4を重ねて置く『スタック』と呼ばれる行為はルールにないと発表。

今回のツイートには「もっと早く知りたかった。」「俺の知っているUNOじゃなくなる」「積み重ねは日本独自ルールだったんだーと思ったけどほんとだったんだな」「UNOの公式ルール見て、久しぶりにUNOやりたくなった」などのコメントが寄せられた。

コメントにも書いてある通り、積み重ねは日本独自ルールだったらしく海外の人と『UNO』をするのには注意が必要かも?!
 

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照:『UNO』で“ドロー系カードの重ね置き”はルール違反 公式の指摘に「あれが楽しいのに」と困惑の声も
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ