野球における花形・ホームラン。ヒットで繋いでいく野球も大事だがやはりホームランは見た目に華がある。

どのくらいのスイングスピードで、どのくらいの力で・・・などと、昔から逐次研究がなされてきた。

そんなホームランにおいて純粋な疑問。

「新幹線に乗ってバントをしたらホームランできるのでは?」

実際には実現不可能な実験も『物理エンジン』で解決!

 

 
画像出典:YouTube(こーじ)

 
画像出典:YouTube(こーじ)

 
画像出典:YouTube(こーじ)

 
画像出典:YouTube(こーじ)

 
画像出典:YouTube(こーじ)

今回はバッターボックスに向かって線路を引き、新幹線で止まったボールに向かっていくという実験。

新幹線の横からバットをのぞかせ・・・まずは時速300kmで突っ込む。

すると場外はおろか700mもの飛距離が出てしまった!

少しずつ速度を下げていき、時速150kmほどで普通にホームランするくらいの飛距離となった。

止まったボールでこの結果なので、ピッチャーが投げた球ならもっと飛ぶということは言うまでもない。

実際のプレイには役に立たないが、ちょっとした豆知識として覚えておいてもいいだろう。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(こーじ)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ