画像出典:写真AC

 

Twitterユーザーの月火さん(@tuki1_pad)は、中間テストの結果により、保護者呼び出しをされてしまったという。

しかし、怒られることを恐れるあまり、その事実を親に伝えられないままに一週間が経過してしまった。

そして当日、意を決して親に手紙を宛てたそうだ。

執筆当時で60,331件のリツイート 129,858件のいいねをされるほど話題になっている、その手紙とは・・・。

 

 

まず誰もが思った事であろう、点数と結びつかないほど“字が綺麗”である。

そしてこの文章力、天才か!

後半、「1週間前に言われた事を覚えているような人がこんな点数取りますか?」という開き直りとも取れる一文ではあるが、なんとも正論であるから悔しい。

しかも予想した時間が当たっていたらこづかい上げてくれと交渉しているあたり、余裕すら感じる。

テストの点数はさておき、ポテンシャルは高いのではないだろうか。

この手紙に対し、様々な意見が寄せられている。

 

■Twitter上の反応

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

この手紙を受け取ったら笑ってしまうのか、はたまた怒り倍増で怒るのか・・・その後、親はどのような想いで受け取ったのか気になるところだ。

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ