メガドライブやゲームギアなど向けに90年代に発売されたゲーム『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズ。愛らしいルックスと『足が速い』という男子を魅了する武器が特徴的だった。

一時也を鳴りを潜めていたが、『大乱闘スマッシュブラザース』に登場し人気が再燃している。

そんなソニックを象徴する技『スピンダッシュ』を人間が再現したらどうなるのか??

ヤバイ匂いしかしない無茶な実験も『物理エンジン』を使って検証!

 

 
画像出典:YouTube(物理エンジンくん)

 
画像出典:YouTube(物理エンジンくん)

 
画像出典:YouTube(物理エンジンくん)

 
画像出典:YouTube(物理エンジンくん)

 
画像出典:YouTube(物理エンジンくん)

 
画像出典:YouTube(物理エンジンくん)

ソニック・ザ・ヘッジホッグの名の通り、音速超えで走れる人型のハリネズミであるソニック。

その公式データを人間で再現していくと、自身の体も周囲も大変なことに・・・

今回は公式データではなく『スマブラSP』のゲーム中の動きからその速度などを計算し再現することにした。

それでも時速80キロほど出ているスピンダッシュを、人間の前転で再現するのは難しいので巨大なドリルが登場!

体を固めて毎秒30回転ほどに高速回転させた人間を地面に落とすと、それなりのスピードで攻撃することが可能に。

透明なカプセルに入れて行うとさらにソニック感が増してきた!

遠心力などで肉体はとんでもないことになるが・・・笑

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(物理エンジンくん)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ