「会うと幸せになれる」と若者を中心にネットで話題になっている、セーラー服おじさんこと小林秀章(こばやしひであき)さん。

実はこの方、早稲田大学理工学部出身・大手企業ソフトウェア開発エンジニアで、なんと世界的特許権者でもあるのだ。

 

セーラー服おじさんの起源は彼の小学校時代にさかのぼる。

「小学生の頃にスカートめくりをした罰としてスカートを履かされた時、その姿を見たクラスメイトから大笑いされ、自分が女装することで人を幸せにできるんじゃないか」と気づいた。

 

そして、転機が訪れる。

 

「横浜のラーメン屋さんで『30歳以上でセーラー服を着て来店したら、ラーメン一杯無料』の企画に参加した時に『解放』された」

 

常にみんなの幸せを考えるセーラー服おじさん。

足がすごく綺麗ということでも評判で写真撮影には快く応じてくれるとか。

よく歩いている街は新宿、中野、下北沢あたりだそう。

 

また、大学受験予備校の早稲田塾は、セーラー服おじさんの特別公開授業を7月13日に行う。
「中高生に向けて“Rich&Happyな人生”を送るためのメッセージを送ります。」とのこと。

 

あなたも「セーラー服おじさん」を目撃したら、幸せになれるかも。

 

 
    

    
   

    
参照:エンタメウス
参照:OCTOBA
参照:J-WAVE NEWS
参照:NAVERまとめ








この記事に関するまとめ