左から、ViRATES編集部 藤本、ヨネヒコ、木下

 

 alt=

「おはよう。」

 alt= alt= alt=

「おはようございます。」

 alt=

「どうしたの?なんか3人とも元気ないけど。」

 alt=

「いや、、朝早いので。。」

 alt=

「ふつうにダルいです。。」

 alt=

「今日は、山登りですよね?」

 alt=

「そうそう。楽しみでしょ?」

 alt= alt= alt=

「・・・」

 alt=

「まあ、山登りって言っても、ただの山登りじゃないけどね。(ニヤニヤ)」

 alt= alt= alt=

「???」

 alt=

「とりあえず、君たち3人だと絵的にも冴えないし、ゲストを用意しといたから。はい、あずみんおいでー。」

 

 

 alt=

「はじめまして。あずみんといいます。宝塚市出身の20歳です。今日はよろしくお願いします。」

 alt= alt= alt=

「は、はじめまして!」

 alt=

「どう?テンションあがったでしょ?」

 alt=

「すごい透明感ですね!」

 alt=

「なんか楽しくなりそうです!」

 alt=

「20歳・・・。」

 alt=

「うんうん、よかったよかった。さすがに男3人でなんて山登りさせないよ。(笑)で、今日の企画を説明しようかな。」

 alt= alt= alt= alt=

「はい。」

 alt=

「今日の企画はズバリ“RPG風トレッキング”に挑戦してもらいます。」

 alt= alt= alt= alt=

(???)

 alt=

「じゃあ、各自まず着替えようか。」

 

各自それぞれ違う衣装を手渡された4人。

 

 alt=

「なんですか?これ。」

 alt=

「いやな予感しかしないんですけど・・・。」

 alt=

「ぼくの絶対やばいです・・・。」

 alt=

「いいから、文句言ってないで着替えて。」

 

 

 alt=

「おおー、いいねー!」

 alt=

「周りの視線が痛いんですけど・・・。」

 alt=

「これ、なんのコスプレですか?」

 alt=

「RPG風パーティでしょ。勇者ヨネヒコとその仲間たちだよ。」

 alt= alt= alt= alt=

「・・・。」

 alt=

「あずみんは、魔法使い。木下くんは、武闘家。藤本くんは、戦士だね。」

 alt=

「ぼく、武闘家だったんですか!?すごく雑な気が・・・。」

 alt=

「え?ちゃんと道着じゃん?どう見ても武闘家でしょ!」

 alt=

「あずみん、魔法使いっていうか、あれっぽくないですか?世界観ずれてますよね?」

 alt=

(笑)

 alt=

「あー、魔法使いっぽいの、それしかなかったからね。」

 alt=

「ぼくなんて、いろいろ間違ってると思うんですけど・・・。」

 alt=

「そこはねー、ちょっと予算の関係上、足りなくなっちゃったんだよねー。」

 alt=

「・・・。」

 alt=

「まあ、ぱっと見は、RPGっぽいよ。大丈夫でしょ。」

 alt=< alt= alt= alt=

「・・・。」

 alt=

「じゃあ、冒険に旅立ってもらおうかね。(ニヤニヤ)」

 alt=

「冒険・・・。」

 alt=

「あ、途中のモンスターたちに気をつけてね。(ニヤニヤ)」

 alt=

「モンスター出るんですか!?」

 alt=

「そりゃあ、RPGだもん。出るよね。」

 alt=

「えー?怖いんですけど・・・。」

 alt=

「大丈夫!4人力を合わせて戦えば!(ニヤニヤ)」

 alt= alt= alt= alt=

「・・・。」

 alt=

「あ!そうそう、もちろん、頂上まで行ってラスボスを倒したら、ご褒美も待ってるから!がんばって!」

 

というわけで、“RPG風トレッキング”という企画の名のもと、4人は雑なRPG風コスプレで山登りをさせられることになったのです。

 

 

 

大人しく黒幕の指示に従い、山道を進む勇者ヨネヒコたち。

 

遠くに見覚えのある人を発見!!

 

 alt=

「あれ?あの人、Y田さんじゃないです?」

 alt=

「あ!それっぽい!」

 alt=

「誰ですか??」

 alt=

「編集部のY田さんだよ。」

 alt=

「え?今日、来てたんですか!?」

 alt=

「Y田さーん!」

 

手招きをするY田。顔にお面!?

 

某モンスターらしきお面。しかし、いろいろ雑・・・。

 

 alt=

「何してるんっすか?」

 alt=

「・・・。」

 alt=

「え?これがモンスターってこと?」

 alt=

「お面、小さくないです?」

 

何やらカードを手渡してきたモンスター(Y田)。

 

カードには黒幕からの司令らしきものが・・・。

 

 alt=

“ゴミ箱にボールを1発で入れろ 黒幕より”って」

 alt=

「なんですか?」

 alt=

「どういうことですか?」

 

どうやら、黒幕の司令に挑み、4人全員連続で達成しないと、次へ進めないというシステムらしい・・・。かなりめんどくさい・・・。

 

1巡目、最後の藤本だけ、まさかの失敗・・・。

 

 alt=

「すみません・・・。」

 alt=

「お願いしますよー。」

 alt=

「こんなのはずす人いるんですね・・・。はずすほうが難しくないですか??」

 alt=

「また1人目からですよね?」

 alt=

「ちょっと、待って待って。何勝手に進めようとしてるの?」

 alt= alt= alt= alt=

(???)

 alt=

「失敗したら罰金だから。」

 alt= alt= alt= alt=

(!!!)

 alt=

「え?お金取られるんですか!?聞いてないですよー!」

 alt=

「そういうルールだから。」

 alt=

「えー!?」

 alt=

「まじかー!」

 alt=

「はい、ヨネヒコ、1000円出して。

 alt= alt= alt= alt=

(???)

 alt=

「え!?ぼくですか??」

 alt=

「うん。」

 alt=

「失敗したの、藤本さんじゃないですか!」

 alt=

「だって勇者でしょ?連帯責任。」

 alt=

「本当にぼくが出すんですか?」

 alt=

「そりゃあ、勇者だからね。そこ、ちゃんと自覚持たないと。」

 alt=

「・・・。」

 alt=

「・・・。」

 

罰金を没収される勇者ヨネヒコ。誰かが失敗した場合、連帯責任で勇者が罰金を払うというシステムらしい。勇者という職業はつらい・・・。

 

 alt=

「これ、後で返ってきますよね?」

 alt=

「・・・。」

 alt=

「ちょっと聞いてます?」

 alt=

「・・・。」

 alt=

「撮影用ですよね?」

 alt=

「・・・。」

 alt=

「うわぁー、これガチなやつじゃないですかー。最悪だーー。」

 alt= alt= alt=

「・・・。」

 

 

 

最初の黒幕の司令を無事クリアし、先へ進む4人。ちなみに、さっきの司令で、ヨネヒコは計2000円失っていた・・・。

 

またもや現れたY田。かなりやる気がない・・・・。

 

 alt=

「またっすか?」

 alt=

「これ何回続くんです?」

 alt=

「はいはい。また司令ね。」

 

またもや黒幕からの司令。

 

 alt=

“水風船をキャッチしろ!!投げる人は自由に決めてよし 黒幕より”って」

 alt=

「誰かが投げて、それを順番にキャッチするってことですかね?」

 alt=

(無言でうなづく)

 alt=

「よく水風船なんて持って来れましたね。」

 alt=

「投げる役がすごく重要ですね。」

 alt=

「どうします?」

 alt=

「順番に交代で投げますか?」

 alt=

「そうしますか。」

 

まずは、ヨネヒコが投げる役。

 

木下がなんなくキャッチ!

 

次に木下が投げて・・・・

 

藤本が・・・・・

 

なんとかキャッチ!

 

そして、藤本からあずみんへ。

 

不安そうなあずみん。

 

とれるか!?

 

 

まさかの失敗・・・。

 

 alt=

「あ・・・。」

 alt=

「ごめんなさい・・・。」

 alt=

「気にしないで!」

 alt=

「でも、罰金が・・・。」

 alt=

「大丈夫!大丈夫!勇者なんだから。」

 alt=

「・・・。」

 alt=

「はい、罰金。」

 

またもや罰金で、ここまで計3000円・・・。その後、藤本、あずみんが1回ずつ失敗し・・・・

 

罰金総額5000円となったところで、ヨネヒコの財布が空っぽに・・・。

 

 alt=

「もうお金ないんですけど・・・。」

 alt=

「誰かに借りたら?」

 alt=

「えー!?借金までさせられるんですか!?」

 alt= alt= alt=

「・・・。」

 alt=

「まじですか!?」

 alt=

「ないなら仕方ないでしょ。」

 alt=

「まじかよーーー!!」

 alt= alt= alt=

「・・・。」

 alt=

「すみません。誰か、貸してください。」

 alt= alt= alt=

「・・・。」

 alt=

「誰か・・・。」

 alt= alt= alt=

「・・・。」

 

 

 alt=

「藤本さん、お願いします!」

 alt=

「え!?ぼくですか!?」

 alt=

「はい。」

 alt=

「なんでぼくなんですか!?木下さんにしてくださいよ。」

 alt=

「・・・。」

 alt=

「お願いしますよー。」

 alt=

「いやです。絶対いやです。」

 alt=

「そんなこと言わずに。」

 alt=

「あずみん、貸してあげたら?」

 alt=

「・・・。」

 alt=

「あずみんからはとれないでしょ。最悪ですね、藤本さん。」

 alt=

「・・・。」

 alt=

「・・・。」

 alt=

「協力しましょうよー。」

 alt=

「・・・。」

 alt=

「藤本さん!(怒)」

 alt=

「本気で言ってます??」

 alt=

「はい!早く!」

 alt=

「なんでぼくが出さないといけないんですか。絶対返してくださいよ!(怒)」

 

しぶしぶお金を渡す藤本。ちょいキレ気味・・・。

 

 

 

MVI_0029A

気を取り直して、挑戦再開!投げるのは藤本。なにやら不敵な笑み・・・。

 

MVI_0029C

 

 alt=

「なんですか?その顔は。(笑)」

 alt=

「・・・。」

 alt=

「え!?」

 

MVI_0029B

まさかの全力で投げつける藤本。しかも上投げ!!

 

当然ながら、ヨネヒコ失敗・・・。びしょ濡れになる・・・。

 

 alt=

「ちょっと・・・。」

 alt=

「まじか・・・。」

 alt=

「・・・。」

 alt=

「びしょ濡れなんですけど・・・。」

 

 

 alt=

「・・・。」

 alt=

確信犯だな、これ。」

 alt=

「はい、笑ってますもん・・・。」

 

 

 alt=

「見ましたー?今の?(笑)」

 alt=

「え?(笑)」

 alt=

「え?(笑)」

 alt=

「超ウケるんですけど!勇者、ミスってるんですけど!(笑)」

 alt=

「わざとですよねー?(笑)」

 alt=

「そういうのよくないですよ!(笑)」

 alt=

「・・・。」

 alt=

「え?わざとじゃないですよ?(笑)」

 alt=

「いやいやー。(笑)」

 alt=

「笑っちゃってるじゃないですか!(笑)」

 alt=

「・・・。」

 alt=

「また、お金貸しましょうかー?(笑)」

 alt=

「・・・。」

 

藤本の借金に対する報復に完全にキレてる、びしょ濡れのヨネヒコ。

 

 

 

 

 alt=

「あー、寒い。寒いなー。」

 alt= alt= alt=

「・・・。」

 alt=

「寒い。寒い。寒い。」

 alt= alt= alt=

「・・・。」

 alt=

「だ、大丈夫ですか?」

 alt=

「・・・。」

 alt=

「え?無視??」

 alt=

「あーあ、ほんと寒い。すごい濡れてるもんなー。」

 alt=

「なんか感じ悪いですよね?」

 alt=

「ずっと機嫌悪いですね。」

 alt=

「空気重いです・・・。」

 alt=

「・・・。」

 alt=

「藤本さんのせいですよ?」

 alt=

「え?」

 alt=

「謝ったほうがいいんじゃないですか?」

 alt=

「・・・。」

 alt=

「水風船ぶつけたりするから・・・。」

 alt=

「わざとじゃないですって!」

 alt=

「どう見てもわざとですよ!」

 alt=

「そうですよ!」

 alt=

「・・・。」

 

ヨネヒコは「寒い」ばかり言い続け・・・

 

重い空気のまま歩くこと15分。前方に何かを発見!

 

あれは・・・?

 

え!?モンスターのお面だけ!?そして、タバコ!?

 

 alt=

「あれ?Y田さんがいない。」

 alt=

「どうしたんですかね?」

 alt=

「お面置いてどこ行ってるんですかね?」

 alt=

「近くにもいないですね。」

 alt=

「飽きちゃいましたかね?(笑)」

 alt=

「え?(笑)」

 alt=

「まあ、今のうちに通過しちゃいますか!」

 alt=

「そうですね!」

 alt=

「はい!」

 alt=

「司令なしでクリアですね!」

 

司令なしでクリアというまさかの幸運に重かった空気も少し和む。

 

 

 

 

 alt=

「なんか山登りちょっと楽しくなってきました!」

 alt=

「わかります!気持ちいいですね!」

 alt=

「頂上も近そうですし!」

 alt=

「罰金が戻ってくるなら楽しめるんですけどね・・・。」

 alt= alt= alt=

「・・・。」

 alt=

「戻ってきますよー。きっと。」

 alt=

「だといいけど・・・。」

 alt=

「そういえば、ご褒美って何ですかね?」

 alt=

賞金とか?」

 alt=

「まじで!?」

 alt=

「そしたら、罰金帳消しですね!」

 alt=

「そんなことありますかねー?」

 alt=

「ぼくが貸したお金返してくださいね!」

 alt=

「・・・。」

 

そして、4人は無事頂上に到着!!

 

 alt=

「お!頂上じゃないですか!?」

 alt=

「ほんとだー!」

 alt=

「絶景ですねー!」

 alt=

「気持ちいいー!」

 alt=

「見事に曇ってますけどね。」

 alt=

「あれ?あそこに誰かいません?」

 

IMG_0140

 

 alt=

「え!?Y田さん??」

 alt=

「え!?違うよね!?」

 alt=

「え!?誰??」

 alt= alt= alt= alt=

(???)

 alt=

「お面はY田さんと同じやつですね。」

 alt=

「でも、かなり年いってますよ?(笑)」

 alt=

「ですよね?おじいちゃんですよね?(笑)」

 alt=

「ほんとだ。おじいちゃんですね。(笑)」

 alt=

「っていうか、司令カード持ってるんだけど。」

 

IMG_0142

おじいちゃんから司令カードを受け取るヨネヒコ。

 

 alt=

“豆をつかみ、5秒以内に豆を5個移せ 黒幕より” だって」

 alt=

「えー!?まだやるんですかー!?」

 alt=

「これがラストらしいです・・・。」

 alt=

「このおじいちゃんが、ラスボスってことですね。」

 alt=

「まじか!(笑)」

 alt=

「そして、この頂上のどこかに宝箱があるらしいです。」

 alt=

「ご褒美ですね!」

 alt=

「賞金ですかね?」

 alt=

「まあ、さっさとやって終わりましょう!」

 

IMG_0150

IMG_0155

IMG_0162

 

IMG_0172

というわけで、最後の司令「豆つかみ」に挑戦!!2回失敗するも、見事3回目でクリア!!!

 

 

 

 

IMG_0177

そして、4人は、ご褒美の宝箱を探すことに。

 

 alt=

「どこですかねー?」

 alt=

「とにかく手分けして探しますか!」

 alt=

「そうしましょうか!」

 alt=

「はい!」

 

IMG_0180

IMG_0184

IMG_0185

宝箱を探す4人。そして・・・

 

 

IMG_0190

IMG_0188

宝箱発見!!!

 

IMG_0193

開けてみると・・・

 

 

 alt= alt= alt= alt=

キリン 淡麗グリーンラベルだ!!!!

 

そうです!今回の企画は、キリン 淡麗グリーンラベルのPR企画だったのです!!

 

 alt=

「これ、1本足りなくないですか・・・?」

 alt=

「あ・・・。」

 alt=

「どうします?じゃんけんします?」

 alt=

「あ!わたし、なしでいいですよ?」

 alt=

「いやいや、あずみんはもらっときなよ。レディファーストってことで!」

 alt=

「え?!いいんですか!?」

 alt=

「いいよ、いいよ。」

 alt=

「じゃあ、3人でじゃんけんしますか!」

 alt=

「はい!」

 alt=

「よし!」

 

じゃんけん・・・

ぽい!!

 

 

 alt=

「よっしゃーーー!!!!」

 alt=

「いぇーーーい!!!!」

 alt=

「・・・。」

 

まさかの敗北でうなだれる勇者ヨネヒコ。そして、喜ぶ3人。

 

 alt=

「じゃあ、いただきましょうか!」

 alt=

「そうですね!」

 alt=

「なんか、悪いですね・・・。」

 alt=

「仕方ないですよ!ヨネヒコは、自分で譲ったんだし。(笑)」

 alt=

「そうだよ!(笑)」

 alt=

「はい・・・。」

 alt=

「・・・。」

 alt=

「かっこよかったなー、さっきの譲るところ。(笑)」

 alt=

男前でしたねー。(笑)」

 alt=

「・・・。」

 alt=

「じゃあ、かんぱいしましょう!」

 

かんぱーい!!

 

ぷはーー!!うまい!!!!!

山の頂上で飲むグリーンラベルは格別!!!!

 

というわけで、今回は“キリン 淡麗グリーンラベル”のキャンペーン「グリーンな体験」をRPG風にやってみました。

「グリーンな体験」後に飲んだグリーンラベルは格別に美味しかったです。

皆さんもぜひ、キャンペーンに応募しよう!

「グリーンな体験」キャンペーン対象商品は、キリン 淡麗グリーンラベル350ml缶、500ml缶。

商品に付いている“キャンペーンシール” を集めて応募しよう!

【12点コース】

お好きな”グリーン体験”が選べる!ギフトカタログ 1,000名様

【1点コース】

キリン 淡麗グリーンラベル350ml缶×6本 9,000名様

締め切りは2016年6月13日(月)17時まで。

「グリーンな体験」では、アウトドアからインドアまで“様々なグリーンな気持ちよさ”を体験できるコースが選ぶことができます。

4人が今回体験したものは「トレッキング」でした。

詳細は特設サイト「キリン 淡麗グリーンラベル グリーンな体験当たる!キャンペーン」をチェック!

関連:キリン 淡麗グリーンラベルスペシャルサイト「DiscoverキモチイイGREEN Project」
関連:キリン 淡麗グリーンラベル「グリーンな体験当たる!キャンペーン」

提供:キリンビール株式会社

 

 

あれは・・・!?飲んでるし・・・。

※終了後、没収した罰金は本人へ返却しています。

 








この記事に関するまとめ