ViRAESにて度々取り上げている『The Slow Mo Guys』のお2人。

前回は『もはやアート!スピーカーの振動で跳ねるインクを超高速撮影した映像が凄い!』にてスピーカーの振動でペンキが飛び跳ねる様子を映したスローモーション映像を紹介した。

今回は、レコードを高速で回してみたらどうなるかという実験をしたそうだ。

早速見てみよう!

 

 

画像出典:YouTube(The Slow Mo Guys)

 

画像出典:YouTube(The Slow Mo Guys)

 

画像出典:YouTube(The Slow Mo Guys)

 

画像出典:YouTube(The Slow Mo Guys)

 

画像出典:YouTube(The Slow Mo Guys)

 

画像出典:YouTube(The Slow Mo Guys)

 

今回も前回と同じ、毎秒12500コマのカメラで超高速撮影している。

通常のカメラだとあっという間の出来事だが、スローで見るとどのように割れていくのかがよく分かる。

飛び散る破片はまるで羽のようだ。

このあとにも別のレコードやカラフルな円盤でも実験しているが、そちらも面白い。

彼らの次回作が楽しみだ。

それにしても破片の威力が凄まじい。壁となっているコンクリートに突き刺さっているではないか・・・。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(The Slow Mo Guys)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ