昔からギャグ漫画などで見かけることがある、あの「ぐるぐる足」。ピューっと速く走り去るシーンを表現したものだが、現実には当然起こりえない。

ではあの「ぐるぐる足」を現実に再現するにはどのくらいの脚力が必要なのか??

とはいえ速さだけを正確に測るのはなかなかに難解なため、

「ぐるぐる足状態で崖に向かって走り、空中に出てもしばらく停止し、その後落ちる」

というぐるぐる足を用いたマンガやアニメでやや起こる現象を再現することに。

毎度爆笑必須の物理エンジンシリーズ。今回はどのような結果になるのか??

 
画像出典:YouTube(チャンネル人工知能)

 
画像出典:YouTube(チャンネル人工知能)

 
画像出典:YouTube(チャンネル人工知能)

 
画像出典:YouTube(チャンネル人工知能)

 
画像出典:YouTube(チャンネル人工知能)

 
画像出典:YouTube(チャンネル人工知能)

今回も体を張って検証してくれるのび太くん。

空中で止まるということは、空気を蹴って空を飛べるということ。現実離れした脚力でなければならないのは言うまでもない。

結論、マッハ3もの脚力で毎秒100歩もの歩数で足を回転させれば「ぐるぐる足」に相当する浮力を得られるらしい・・・。

他にも、マッハ300の速度で空中を蹴れば、ワンピースでいうサンジの「空中歩行」や「月歩」のように空を走れるし、足の大きさが人の5倍あれば歩数を少なくできる。

しかし動画の3:35以降でさらなる事実が・・・!

どこまでも笑わせてくれる物理エンジンシリーズの動画。ぜひ最後の最後までお見逃しなく!

 

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(チャンネル人工知能)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ