広告は時に、長年語り継がれる芸術作品として人々の記憶に焼き付くものとなることがある。

だからこそ、誤解を招いたり、不快な思いをさせるような広告は排除する必要があるのだろう。これからご紹介するのはそんなスクリーニングに引っかかった、いわゆる「ボツ」広告の一覧である。

 

画像出典:oddee.com

1 女性のバストが三つある。これが「女性の品位を下げる」としてボツに。

 

画像出典:oddee.com

2 こちらはイスラエルの煙草の広告。ん?何をしているのかな?

 

画像出典:oddee.com

3 こちらは乾電池の広告。もしかして、「人が感電死するほとパワーがある」と言いたかったのか??

 

画像出典:oddee.com

4 トニー・ブレア元首相の鼻の下にあるバーコードがアウトの原因。「ヒトラーを連想させる」としてボツに!

 

画像出典:oddee.com

5 グロいのでボツ。

 

画像出典:oddee.com

6 禁煙キャンペーンの広告だが、子供が怖がるとの理由でアウトに。

 

画像出典:oddee.com

7 こちらは一流ブランド、グッチにボツ広告。これはきわどい。

 

画像出典:oddee.com

8 女性が不健康すぎる。

 

画像出典:oddee.com

9 子供が見るかもしれないのに、不適切。との理由でボツ。

 

画像出典:oddee.com

10 ロシアの金融誌の広告。ユーロとドルが何をしているのかな?

 

画像出典:oddee.com

11 言わずもがな。

 

画像出典:oddee.com

12 こちらも一流ブランド、トム・フォードの香水の広告。セクシー過ぎる。

 

画像出典:oddee.com

13 禁煙キャンペーンの広告だろうが、なぜか2001年の同時多発テロを連想させる。

 

画像出典:oddee.com

14 乳がん基金の広告だが・・・刺激が強すぎる広告になってしまったのでボツ。

いかがだっただろうか。

ショッキングなコピーやビジュアルは人々の目を引くが、それだけでは見る者の心には響かない。衝撃以外の「何か」が必要のようだ。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:oddee.com/15 Most Offensive, Banned and Rejected Ads
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ