「どうしてもペニスにしか見えない!」そんな理由で、あるスケートパークが近隣住民から猛抗議を受けている。

 

画像出典:Mirror

問題となっているのは、ニュージーランド・カンタベリー地方の街にあるランギオラスケートパーク。

スケートパーク自体は、20年前から存在していて、これまでは特に何も問題なくスケーターたちに親しまれてきた。

だが、今回開始された増築工事が、近隣住民の間で波紋を呼んでいる。

増築部分の形が、どう見ても“ペニス”だというのだ。

 

画像出典:Mirror

この苦情は、デザインを担当したデイブ・ノースさんの耳にも届いていて、苦情を真摯に受け取り、ペニスっぽさが無くなるよう計画を修正するとのこと。

「ただ、左右対称性と機能性を最優先にしたらこんな形になった。というだけの話なんです。誰もペニス型にしたくてこういう形にしたわけじゃありません。」

「そもそも、あえて航空写真でも撮らない限り、スケートパークを上から凝視する機会なんてないでしょうに・・・」とデイブさんはコメントしている。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:Mirror/Penis-shaped skate park slammed by residents who have named it “the d*** bowl”
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ