履歴書を志望先に送り、結果を待つ。

それが一般的な「就職活動」である。

だが、より“創造的”なアプローチというものも世の中には存在しているようだ。

 
画像出典:BoredPanda

 

なんとドーナッツの宅配に化けて希望する企業に潜入。そして履歴書とメッセージを仕込んだ入れ物を重役に渡すという、なんとも無茶な行動に出る人が現れたのだ。

「企業のお偉いさんに直通できる方法を考えてたら、これを思いついたんです」と語るのは、ルーカス・イアさん。この“作戦”を実行したアイデアマンその人である。

自身の学歴では、書類選考の段階で弾かれてしまう可能性も高いと感じていたそうで、その“”を突破するための策でもあったという。

 
画像出典:BoredPanda

 

「ほとんどの履歴書はゴミ箱に捨てられてしまいますが、私の送ったものはお腹に消えてくれると思います(この宅配はミスではありません。履歴書に目を通してもらうべく宅配人に変装してお届けいたしました)」

そう箱には記載されている。

 
画像出典:BoredPanda

 

実際、送られた企業側もかなり感銘を受けたようで、すでに届けた計40社うち10社から面接の日時を伝える連絡が“返送”されてきたそうだ。

まさに行動力とアイデアが勝ち取ったものといえるだろう。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:BoredPanda/Guy Dresses Himself As Delivery Man To Hand-Deliver His CV Disguised As Box Of Donuts
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ