Twitterアカウント、アボガドをアボカドに訂正する委員会(@avogado_janai)のやり方が、まるで紳士の振る舞いだと話題だ。

クソリプや炎上など、とかく殺伐としがちな面のあるTwitterにおいて、一筋の光を見るようなこの手法。ご紹介しておきたい。

 

アボガドをアボカドに訂正する委員会のツイートトップ固定にあるのは、「アボガドじゃないです。アボカドです。」そう、目的はアボカドのことをアボガドとしてしまう誤表記をなくしたいというものだ。

そんなアボガドをアボカドに訂正する委員会が、Twitter上でアボガドツイートを発見すると・・・。

 

 

 

アボガドと記してしまったツイートに対し、いいねをしていく。すると、いいねがのこされたツイート主には、アボガドをアボカドに訂正する委員会からいいねが押されたことが通知され、そのアカウント名とともに「この世界からアボガドという誤表記をなくし、人々を正しく導くために立ち上げられた団体です。手動だよ。」という紹介文が表示されるのだ。

「アボガドは間違いで、アボカドですよ」などとリプライをするよりもずっとさりげなく、そして的確に伝えるべきことをそっと伝えきっている。

これには受け取った側も素直にうなづいてしまうことだろう。

そしてまた、この紳士的な作法が注目されたがために、わざとアボガドツイートをして委員会のいいね待ちをする動きも見られている。

 

 

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ