読者の中に、スリに財布を掏られた経験をお持ちの方はいるだろうか?

そうした負の経験を繰り返さないために、おとり用の財布を作るアイデアをご紹介しよう。

 

■ステップ1

画像出典:AcidCow.com

まずは、掏られても平気な安物の財布を用意しよう。もちろん使い古した財布で十分だ。

 

■ステップ2

画像出典:AcidCow.com

グリッターパウダー(ラメ用の粉末)を用意しよう。

ラメ用の商品には細かく裁断されたレインボーフレークなど様々な種類があるため、ここはセンスの問われるところだ。

 

■ステップ3

画像出典:AcidCow.com

開くとメロディが鳴るタイプのグリーティングカードを用意しよう。

“音が鳴る”ことが重要で、スリをより「イラっとさせる」には、このメロディ機能が重要になる。

 

■ステップ4

画像出典:AcidCow.com

グリーティングカードをサイズに合わせて裁断し、財布と接着する。

 

■ステップ5

画像出典:AcidCow.com

盗んだ財布を開くとメロディが流れ、こうなる。

「おめでとう! 君は最悪だね!」

 



このアイデアをFacebookに投稿したのは、Obvious Plantという男性。スペイン・バルセロナにスリが横行していることに注意喚起をするため、このデコイ財布を考案したという。

ライフハックというよりジョークグッズのようなアイデアだが、スリや窃盗に対してユーモアで対応しようという彼のメッセージには、数多くの「いいね!」が集まっている。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:AcidCow.com/The Best Way To Troll A Pickpocket
参照・画像出典:Facebook(Obvious Plant)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ