せっかくのプレーも調子に乗ると一気に暗雲が立ちこめることがある。

北欧スウェーデン、三部リーグのチーム「ノルビー」の試合でもそんな事案が発生した。

 

画像出典:YouTube(Mike Tyson Footballclips)

このチーム所属のメディ・ドルセビッチ選手は華麗にボールをゴールさせ、ハットトリックを決めた。

 

画像出典:YouTube(Mike Tyson Footballclips)
Screenshot_19

よほどうれしかったのか、遠目にも顔には満面の笑みが広がっているのがわかる。そして、なぜかそのままピッチの外へ。どうした?

 

画像出典:YouTube(Mike Tyson Footballclips)

なんと観客席に座り、一人でピッチに向かって手を叩いている。そう、彼は今の自分のプレーに対し、自分が観客となり、自分に向かって拍手しているのである。つまり、自画自賛。

「いやー、すごい。今の俺のプレーすごい!」と自分のプレーに大満足していたのだ。が、その後、彼に待っていたのは・・・

 

 

レッドカードである。サッカーのルールでは選手は試合中、勝手にピッチに出たり入ったりしてはいけないことになっているのだ。

うれしくてそのルールを忘れてしまったのか、それともルールを知らなったのかは定かではないが、彼がその後、自分の自画自賛行為を激しく後悔したのは間違いない。

 

画像出典:YouTube(Mike Tyson Footballclips)

「俺ってやつ・・・俺ってやつは・・・」

スポーツの試合中や職場での自画自賛行為はなるべく控えた方が良さそうだ。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Mike Tyson Footballclips)
参照・画像出典:liveleak.com/Swedish Defender sent off for (funny) celebration after scoring a hat-trick
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ