言わずと知れたフライドチキンの大手・ケンタッキーが、従業員の研修にVRの脱出ゲームを試験的に導入開始したというのだ。

チキンを揚げるまでの工程をわかりやすく習得できるよう、プログラムされているゲームだ。

しかし、そのゲームの雰囲気がなんだか“ホラーじみている”と話題になっている。

 

 
画像出典:YouTube(VRr00m)

目を覚ますと密室、そしてカーネルサンダースの肖像画。

どこかへ閉じ込められたようだ。

 

画像出典:YouTube(VRr00m)

監視カメラの映像も異様な雰囲気。

完全にホラー映画か、某有名スプラッタ映画のようなセットだ。

 
画像出典:YouTube(VRr00m)

不気味な扉の横には、チキンの肖像画。

鶏さんに改めて感謝。

 
画像出典:YouTube(VRr00m)

道具入れもカーネルサンダース。

ここまで来ると、狂気すら感じる。

 
画像出典:YouTube(VRr00m)

ひとまず指示に従う。

どうやら美味しいフライドチキンを作らないと脱出できないようだ。

 
画像出典:YouTube(VRr00m)

チキンを取り出し、粉をまぶして・・・

 
画像出典:YouTube(VRr00m)

フライヤーにぶちこむと・・・

 
画像出典:YouTube(VRr00m)

完成!

おいしそう。

 
画像出典:YouTube(VRr00m)

できたフライドチキンを、扉のカーネルおじさん像に食べさせると・・・

 
画像出典:YouTube(VRr00m)

神々しく扉が開き、脱出!!!

アトラクションのようなリアリティを追求しているのだとは思うが、いかんせん怖い・・・(笑)。

研修プログラムだと知らない人がプレイするのには抵抗がありそうだ。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(VRr00m)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ