海外の人から日本語は難しいと思われるそうだが、日本人にとっても日本語の表現で戸惑うことは多々ある。

特に、スマホやパソコンに頼ってしまいっているこの時代、漢字の読み書きはいざというときに頭に浮かばなかったりするだろう。

Twitterユーザー・はっち(@dcm_dcm88)さんもこのような光景を目撃したというのだ。

そのせいでセブンイレブンのおにぎりの具が、まさかの事態に!

 


なんと「辛子明太子」と書くはずの部分を「幸子明太子」に!

幸子の“明太子”を想像すると、なんだか食欲が減退してくるのは、筆者だけではないだろう・・・。

 

■以下、Twitterの反応


 


 


 


 


※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ