日本のアニメ・マンガ界隈には、ウケると思ったものを誰彼構わず、擬人化する風潮がある。

最近でも『けものフレンズ』という、いろんな動物を擬人化したアニメ作品が大ヒットしたのは記憶に新しいことだろう。

ところで、叛逆の赤椿/型月 (@jvs_b)さんによると一部の海外ネット民は、この日本における擬人化の風習を、風刺&大喜利にしてしまっているらしい。

それも『Japanizing Beam』という、なんとも珍妙な造語を使って。

 

『Japanizing Beam』。

日本語に訳せば「日本化光線!」といった意味合いだろうか。

なお、叛逆の赤椿さんが紹介する画像は、“光線”クッションが入っているが、一部を除き、どれも公式が元ネタとして認めているもの同士が紐付けされている。

普段は特に気にもならないが、外から指摘されてみれば、確かにこれはムチャクチャだわ・・・。

 

■Twitter上での反応

 

 

 

 

 

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ