障害を抱えた人や赤ちゃんを連れた人など、様々な事情を抱えた人が利用する多目的トイレ。

しかしこちらの投稿では、そんな多目的トイレで起きた珍事が紹介されていて・・・
 


 
親が用を足す間、赤ちゃんを座らせておくベビーチェアやベビーベッド。

しかしこちらの写真では赤ちゃんの手の届くところに『開く』のボタンが・・・!

いつ赤ちゃんがボタンを押してしまうか分からないので、落ち着いて用を足せない。

これには『これはみんな押しちゃう』『似たような設計が他にも・・・』といったコメントが多かった。
 

◾️反応の声

 


 


 


 
設計側もいろんな制約はあるのかもしれないが、もう少し使う人に寄り添った造りにしていただきたいものだ。
 

画像出典:ぱくたそ

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ