プロ野球などでたまに見られるレアプレー『隠し球』。主に牽制された球を受けた塁手が投手に球を返したフリをして、油断したランナーをアウトにするプレーだ。

少々卑怯ともとれるプレーゆえ少年野球などでは嫌われることも多い。

こちらの動画では、とあるソフトボールの試合でランナー1・2塁のピンチを迎えていたのだが・・・

ピッチャーと黒い二塁ランナーに注目。

 

 
リードを大きくとった二塁のランナーに対応すべくキャッチャーが素早く返球。

それを受けたピッチャーがセカンドに投げた(フリ)!

しかしセカンドはボールを後ろに取り漏らしてしまう(フリ)。

センターなどの外野手もカバーに入る(フリ)!

そのスキに三塁に向かって走るランナー。すかさず隠し球をしていたピッチャーがタッチ!

チームが一丸となった騙し討ちによってピンチをしのいだ。

卑怯と揶揄されがちな『隠し球』も、ここまで清々しいチームプレイならば許せちゃう?

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ