街中の道路標識やポスターなどのデザインは、それが使用される場所の地域性が大きく反映されてくるが、日本国内における地域性による“デザインの差”が話題となっているようだ。

しかも話題のデザインは“警視庁”“大阪府警”のポスターだという。

Twitterにこの両者の画像が紹介されるや、大きな反響を呼んでいる。

 


まるで正反対のデザイン・・・。

この投稿には多くの意見が寄せられた。

 


 


 


 


 


 


Twitterの反応では、大阪府警のポスターの方が好印象に受け取られているようだ。

確かに、大阪府警のポスターデザインの方が温もりを感じるような気がする。

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ