最近、飲食店ではおおよその店舗が自動券売機を導入している。

ラーメン屋もまた然り。

「左上が店側のお勧めメニュー」なんて言われたりするようだが、これは恐らく自動券売機の“ボタン配置”や“デザイン”などによって、売り上げも大きく変わってくるのだと考えられる。

各店舗があの手この手で、しのぎを削り合っているなか、あるラーメン屋の自動券売機がTwitter上で話題になっている。

なんでも、他では見られないようなユニークで珍しいものだというのだが・・・?

 


なんと、メニュー名のフォントが8ビット風デザインに!!

表記も難易度設定を意識した「NORMAL」「EASY」や、「1UP」「CONTINUE」など、かなりファミンへのこだわりがうかがえる。

Twitter上でもさまざまな感想や憶測が飛び交う。

 


 


 


 


 


そして、このお店の名前と場所も明らかに。

 


 


 


 


 


どうやら、栃木県宇都宮市にある「のじじ」というラーメン店のようだ。

しかも、店主の前職はゲーム関連の仕事をしていたという。

ジャンルは違えど、“自分の得意ジャンルを生かす”というユニークな発想に、多くの人が興味津々のようだった。

 

関連:食べログ/のじじ

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ