日本テレビアナウンサー・青木源太(@Aoki_Genta)さんがTwitterに投稿した『「好きなものについて熱く語る」ことを端的に表現する言葉ってないですよね?』というツイートが話題になっている。

青木源太アナウンサーは、『バケット』や『火曜サプライズ』を担当しているジャニーズ好きの男性アナウンサーだ。

早速ツイートを見てみよう。

 


 

確かに、“ディスる”という言葉がある中、反対語は聞いたことがない。

好きなものを熱く語るときに、「○○るだよね〜」なんて気軽に話せたらいいよね。

このツイートを受け、ユーザーからは様々な造語やコメントが。

 


 


 


 


 

いい感じの造語がたくさん寄せられている。

そんな造語たちの中から青木アナが選んだのは・・・。

 


 

すると、同じ日本テレビアナウンサー山本紘之アナからも、こんな返信が。

 


 

こうしてみると、なかなか良い感じに聞こえなくもない。

近いうちに『パショる』『アディる』が使われる日がくるかも!?

あなたならどんな造語を作るだろうか?

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ