英訳から日本語に戻した『浦島太郎』がヤバすぎるぐらいの腹筋崩壊レベルになっていた!

浦島太郎はカメを助けて竜宮城に行き極楽生活。帰りに玉手箱を受け取って、戻ってから開けてみると、一気におじいちゃんになったという話だが・・・。

 


背面ストライプのタロイモと命名される空気ダンディズムの好青年がカメを助けて竜宮城へ招待されると、そこは、メデューサのひらめ筋大会

そこでドリームライクな日を過ごし、3日はうっかり過ぎました。

プリンセス・オブ・ザ・ドラゴンパレスから、ギフトの秘蔵ボックスを受け取りますが「帽子は持ち上げないでください。」と言われたにもかかわらず、背面ストライプは、秘蔵ボックスを開けてしまうとサルガッソー・イン・ザ・スカイ。

毛がジャンキーに拡張した純白高齢者になってしまいました。」

 

■Twitterでの反応


 


 


 


 


 


 


ほかの日本昔話もたいへんなことになりそう(笑)。
 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ