京都大学の入試会場は毎年文化祭並みに盛り上がると話題になっている。

2016年もいつものようにカオス状態のようだ。

いまでは京大入試日の風物詩となった「折田先生像」も期待を裏切らない仕上がりだ。

 

 

 


「折田先生像」はもともと銅像として構内に設置されていたのだが、いたずらが相次ぎ撤去されてしまった。その後、学生が入試日になると「折田先生像」のパロディを毎年製作するようになったそうだ。

今年は任天堂キャラクター「カービィ」が登場! 立て看板もしっかり作られている。

他にも構内には見所が満載のようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


受験生が入試に来たのか文化祭に来たのか、目的を失ってしまいそうな賑わいだ。

心からこの風物詩を楽しめるように、京大受験生の合格を切に願う。

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ