以前ViRATESで英訳した昔話を日本語に戻すと100倍くらいおもしろい、「浦島太郎」をご紹介したが、まだまだあった!

今回紹介するのは、日本昔話の代表作「桃太郎」。

桃から生まれた桃太郎も再翻訳の手にかかると、腹筋崩壊レベルの話になった。
 


老人は老女とかつて某所に生きていました。日常、老人は芝生カットで山へ行き、また老女は川のクリーニング店に行きました。

特定の日、老女が川に打ち寄せたとき、1個の非常にビッグモモが、上司ブラコッコ 上司ブラコと一緒に川の上流層から流出しました。

「あら、塩味のモモ。老人の記念品にしましょう。」老女は漂流してくるモモをスクープして、微笑み家族に戻りました。

 

■Twitterの反応

 


 


画像出典:Amazon/ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)

 

画像出典:Amazon/ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ