「ちょっと笑ったわw」としてツイートされた、「笑点ー18才と81才の違いー」。

一見、なんのことやらだが、ティーンエイジャーの18歳と数字が逆になって傘寿を過ぎた81歳の違いをあげており、笑えると話題だ。

読むほどにジワジワきてしまう、両者の違い。ご堪能を。

 


 

・道路を暴走するのが18才、逆走するのが81才

・心がもろいのが18才、骨がもろいのが81才

・偏差値が気になるのが18才、血糖値が気になるのが81才

・受験戦争を戦っているのが18才、アメリカと戦ったのが81才

・恋に溺れるのが18才、風呂で溺れるのが81才

・まだ何も知らないのが18才、もう何も覚えていないのが81才

・東京オリンピックに出たいと思うのが18才、東京オリンピックまで生きたいと思うのが81才

・自分探しの旅をしているのが18才、出掛けたまま分からなくなって、皆が探しているのが81才

・「嵐」というと松本潤を思い出すのが18才、鞍馬天狗の嵐寛寿郎を思い出すのが81才

 

ひとしきり笑えるのはもちろん、こうして見ると、いつのときにも未来や過去の自分と対極しながらセットで生きていられることが、感じられるような気もしてくる。

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ