Twitterユーザーのホルモン(@junmatsu5213)さんが投稿した、“巨大カレーパン”が話題になっている。

 


食パン一斤の中にカレーをドバーッと流し込む、その名も“カレージャンボトースト”

こちらは千葉市葭川公園駅前にある、“カフェ 呂久呂”で提供されている。

食パンの耳の部分が器になっているだけではなく、中のやわからい部分も賽の目状に切り込まれ、カレーと一緒にいただくことができる、なんともヘビーなお食事だ。

ペース配分を間違え、カレーがなくなっても“追いカレー”ができたり、トッピングも豊富に用意され、至れり尽くせり。


この巨大カレーパンに対して、Twitterユーザーは「この発想はなかった!」「量はともかく、旨そう」「これは飲み物ですね」「是非今度足運んで食べに行きたいと思います」など、そのインパクトに驚嘆の声をあげている。

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ