企業や店舗、クライアントからの期待と丸投げを一身に受けて立つ、デザイナーさん。Twitterのハッシュタグ「#デザイナーあるある」には全国のデザイナー業の悲喜こもごも、というかほとんど「悲」がいっぱい。こちらに目を通せば、明日からはもっとデザイナーとの良いお仕事が生みだせるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ