ここはジンバブエの国立公園内。
 
 

水を飲む象をとらえようとカメラを用意していたサファリガイドさん。
 
 

すると、思いがけない自然の光景に出くわしました。
 
 

まるでアニメの世界のなかのようなカエルのおどけたダンス。
 
 

画像出典:caters

 

この鳥は、シュモクドリ。カエルが大好物です。
 
 

獲物であるカエルがあらわれたのですから、食らいつくのか・・・。
 
 

画像出典:caters

 

あれ、このカエル、逃げるのかな・・・。
 
 

画像出典:caters

 

ええと・・・、くるっとターンをキメて、踊ってますね・・・。
 
 

まるで喜劇役者を気取ったように、酔っぱらったおじさんのように、両手を広げ足をピンと張って舞っています。
 
 

予想外の獲物のアクションに困惑の色をうかべるシュモクドリさん。
 
 

ちょっと、「ひいて」しまったようですね。
 
 

なるほどなるほど。絶体絶命の危機のときは、いっそ馬鹿になれ!!

 
 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:caters/Hoppy meal! Bemused bird watches on as agile amphibian appears to perform toad-ally ridiculous dance routine
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

 
 








この記事に関するまとめ