高層ビルの上階にもすぐに移動できる便利な乗り物・エレベーター。

しかしエレベーターを利用したことがある人なら一度は考えたことがあるだろう。

「エレベーターのロープが切れてカゴが落下したらどうしよう・・・」

もちろんそんなことにならないために安全には十分に配慮しているが、人生どんなトラブルが起きるかわからない。

もしそうなったときには、どうやったら助かることができるのか?

そんな疑問も『物理エンジン』で解決!

 

 
画像出典:YouTube(物理エンジンくん)

 
画像出典:YouTube(物理エンジンくん)

 
画像出典:YouTube(物理エンジンくん)

 
画像出典:YouTube(物理エンジンくん)

 
画像出典:YouTube(物理エンジンくん)

 
画像出典:YouTube(物理エンジンくん)

多くの人が「地面にぶつかる瞬間にジャンプしたらいい」と考えるだろう。そしてその考えは間違っていない。

ビルの10階部分からエレベーターごと落下した場合、時速87kmほどで落下するので、落下直前に同じ速度でジャンプできればケガはない。

ちなみに時速87kmでジャンプできる人というと・・・地面からビルの10階部分までジャンプできる人・・・。

つまり『エレベーターが必要ないくらいに脚力が強い人なら、エレベーターが落下してもケガしない。』らしい。

他には『ジャンプ台設置』『カゴの中を水で満たす』といった方法が。

・・・やはりエレベーターで落下して無傷というのは難しそうだ。笑

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(物理エンジンくん)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ