天気予報で使われる「雨量」。

これがどうも分かりにくいと思ったことはないだろうか?

荒木健太郎(@arakencloud)さんの解説を見れば、そのような人でも一発でイメージできるようになるはずだ。

 


雨量を相撲力士に置き換えてみようというこの解説。

仮に力士1人を100kgと仮定した場合、例えば雨量100mmの雨というものは、1時間に1人力士が空から降ってくるようなものであるという。

もちろんこれ以上の雨量の場合、さらに力士が降ってくるという計算になるわけである。

今日からは、天気予報をみるときに「力士換算」を行ってみるのもよさそうだ。

 

■Twitter上の反応


 


 


 


 


※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ