ゴルフにてしばしば発生する「池ポチャ」。

ボールが池に沈んでしまうため、次を打ちようがない。

しかし、池の端に入ったくらいならどうだろうか?

ボールも見えるし、なんだか打てる気がする!

そんな風に無理して打とうとすると、こんな事態になりかねない。
 

 
ボールを打とうと勢いよくスイングしたら、クラブが勢いよく池の真ん中の方まで吹っ飛んでしまった。

これは、損害金額が跳ね上がってしまったに違いない。

変なところで欲張ってはいけないという、良い教訓になったことだろう。

 
(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Trevor Sheahan)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ