通販に潜む、思わぬ罠!

世界最大手の通信販売サイト『Amazon』にて、格安の座椅子を発見・注文した、Twitterユーザー・ショコラ大佐@大会やるよッ! (@syokora_pad)さんの体験談が話題になっている。

ふつう座椅子といえば、安いものでも数千円、高ければ数万円という金額が相場だが、ショコラ大佐さんが購入したものはなんと約1100円。

よって、なんとも良い掘り出し物を見つけたと、ご本人も当初は喜んでいたのだが・・・。

 

商品が届くや否や、ショコラ大佐さんは唖然とすることになる。

送られてきたのは座椅子は座椅子でも、まさかの“手乗り”座椅子だったのだ。

その後の説明によると、商品を注文する際、商品名にも含まれているミニチュアという表記を『ミニ“チェア”』と空目してしまったらしい。

Amazonの同商品ページを確認する限り、同じような失敗をしてしまった人がそれなりの数いるようで、レビュー欄にもそういった体験談が並んでいる。

一応サンプル写真には、ちゃんとミニチュアとして使われている椅子の画像も存在しているのだが・・・。

先入観というのは人を、こうまでも惑わすようだ。

 

■Twitter上での反応

 

 

 

 

 

注文するときは気をつけよう・・・。

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ