勝負の世界は結果が全てなので、勝つためにはどのような手段をとっても構わない。

そんな精神を貫徹するのは、南アフリカ共和国のトップリーグ“プレミアサッカーリーグ”のマリッツバーグ・ユナイテッドに所属しているベルギー人ゴールキーパー、Glenn Verbauwhede(グレン・ヴェルバウウェーデ)という選手だ。

勝ちへの執念なのか、単純に性格が悪いのかはわからないが、その手段が姑息だと話題になっている。

とにかくまずはそのプレイ動画をご覧いただきたい・・・。

 

 

 

画像出典:YouTube(SuperSport)

バックパスを受けたGKのグレン・ヴェルバウウェーデ選手。足元にボールを置いたまま相手チームの選手を煽り始めた。

 

画像出典:YouTube(SuperSport)

そして、取りに来たところでボールをキャッチ。ここまではよくあるプレイかと思うのだが、次の瞬間・・・。

 

画像出典:YouTube(SuperSport)

相手チームの選手目掛けて猛然とタックル!?

 

画像出典:YouTube(SuperSport)

そして、苦しみはじめたぞ・・・。唖然とする相手選手。

果たして、このあと待ち受けている驚きの結果とは!?

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(SuperSport)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ