商品のパッケージとは、購買欲をくすぐるようにデザインするものだが、あるチョコレートのパッケージがTwitterで話題を集めている。
 

チョコレートなのに謎の疾走感?? こちらは西友のプライベートブランドで展開している商品になる。

しゃ(@syadoyama)さんがツイートしているように、「グミから果汁が弾け飛んでいるCGを使ってみる」「実際は光らないのにロボを光らせてみたり」と商品パッケージには工夫が施されているが、疾走感を強調しているとは不思議ではある。

Twitterでは「こいつ…チョコまかと…!!」「フッ、残像だ」とノリノリな反応が見られる。

ちなみに、しゃ(@syadoyama)さんも商品自体は購入しているようだ。

ある意味、成功なのか!?

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ