純粋さすらも交渉材料にしてしまうのが子供の恐ろしい所。今回は要求を通すための独自の手段を開拓したキッズたちにスポットを当てていきます。

 

1.

 

2.

 

3.

 

4.

 

5.

 

6.

 

7.

 

記事提供:クレイジー

☆クレイジーFacebookページ☆

☆クレイジーTwitter☆








この記事に関するまとめ