美しく手入れされた庭は人の目を癒し、心を豊かにさせてくれる。しかしその庭に、不気味なゾンビが現れたとしたらどうだろう。

キャスパー&サディーのレヴァナント夫妻は、大のホラー好きが高じて、自分たちで制作したホラーアイテムを販売するストア「RevenantFX」を運営している。

彼らが制作するのは、ゾンビにインスパイアされたガーデニング用のオブジェだ。

ふだん私たちが目にする、愛らしい庭の置物とは全く異なる彼らのオブジェは、庭をゾンビ黙示録後の世界へと変えてしまう。

 


ガーデン用オブジェの定番といえば『白雪姫』に登場する七人のこびとだが、レヴァナント夫妻の手にかかればこの通りだ。

 

 


はらわたをむさぼり食い、歯をむき出し、こびとのゾンビたちが戦慄の表情で迫ってくる。

 


スタンダードなオブジェは、今にも彼らの餌食にされそうだ。

 


2人が作っているのは、こびとゾンビだけではない。

映画『ハロウィン』に登場するブギーマン、『エルム街の悪夢』のフレディ、『スクリーム』のゴーストフェイス、『悪魔のいけにえ』のレザーフェイス、『13日の金曜日』のジェイソンなど、名だたるホラーキャラクターも彼らの手にかかればこうなる。

 


映画『キャプテン・スーパーマーケット』のアッシュ、『マーダー・ライド・ショー』のキャプテン・スポールディングの姿も見える。

 


ゾンビになったスーパーマリオ。

 


邪悪な眼をしたスマーフは、庭の訪問者を餌食にしようと待ち構えているかのようだ。

 


イースター・バニーなど、季節のイベントに応じたゾンビのオブジェも制作している。

 


この2人が、オブジェを制作したキャスパー&サディー。彼らの作品は全てハンドメイドのため、1つとして同じものはないそうだ。

彼らの作品はインターネットショップの「Etsy」で販売されており、購入することも可能だ。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
画像出典:Instagram(revenantfx)
参照:RevenantFX
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のInstagram画像につきましては、Instagramの埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。




この記事に関するまとめ