ボクシングの試合中、いきなり相手選手の耳に噛み付くボクサー。

自分の負けが悔しくて、反則行為に走ったようだ。

審判が止めに入るが、反則をした選手は相手選手に挑発を続ける。

ついには、相手選手のセコンドにまで手を出す始末・・・。

だが、セコンドは黙ってはいなかった。

 

 

セコンドは不正選手をノックアウト!

なんとも無様な光景である。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Sven Mandel)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)




この記事に関するまとめ