ボウリングの球の中身について、考えたことはあるだろうか?

 

 

これが、その答えである。

この動画は「What’s Inside? 」というYouTubeチャンネルに投稿されたものだ。

これまでも、このチャンネルでは、様々なものを一刀両断にしてきた。

 

画像出典:YouTube(What’s Inside?)

今回切断に使われたのは、ホームセンターに売っているような家庭用の電気ノコ。

これで、ボーリングの球を真っ二つにしようというわけだ。

しかし、動画を見ているだけでも分かるように、中々切断は進まない。

家庭用といっても、それなりの切れ味はあるはずだが、斬ろうにも中々切れ込みが入らないのだ。

よほど悪戦苦闘したようで「切り始めの4分はカットしました」という字幕が、途中に入るほど。

 

画像出典:YouTube(What’s Inside?)

だが、その悪戦苦闘の理由も、割れたボーリングの球を見てみれば一目瞭然。

ゴムボールのように中身が空洞かと思いきや、中にはギッシリと中身が詰まっていたのだ。

なお、動画の男性、ダンさんによると中身の素材は恐らくウレタンであるという。

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(What’s Inside?)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ