美人女子アナの服が、天気予報中にスケスケになってしまうハプニングが、アメリカのニュース番組で発生した。

 

画像出典:Daily Mail Online

しかし、残念ながら「スケスケ」といっても、男性の好きな「スケスケ」とは別物で、見ての通り、スクリーンに映し出されるはずの天気予報の映像が、女性の服にも投影されてしまったのだ。

 

画像出典:Daily Mail Online

ハプニングが起こったのは、『KTLA5』というアメリカ・ロサンゼルスで放送されているニュース番組。

本来ならば日本の天気予報番組などと同じく、映像が出るのはスクリーン上だけだったが、気象予報士のリベルテ・チャンさんが着ていた服も「スクリーン」であると、誤認識されてしまったのだ。

 

画像出典:Daily Mail Online

 

画像出典:Daily Mail Online

チャンさんは最初、自分の服がスケスケになっていることに気が付いていなかった。

そこで、番組アナウンサー、クリス・バロウズさんが飛び出す。

クリスさんは、チャンさんに自分のスーツを着せて彼女をカバーし、なんとか色を戻す事に成功。

そんな思わぬ本番中のハプニングで、スタジオも爆笑状態だったにもかかわらず、チャンさんは動じなかった。

チャンさんは、ジョークや軽い踊りを交えつつ場を和ませて、天気予報を見事やりきったのだった。

 

画像出典:Daily Mail Online

その後チャンさんは、自身のSNSにこの出来事について投稿。

そこにはこのハプニングに関するコメントと共に、駆けつけてくれたクリスさんへの感謝の言葉が、述べられている。

 

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:Daily Mail Online/Clear skies ahead! Meteorologist suffers hilarious green screen fashion fail when her dress blends into her map but chivalrous anchor steps in to save the day
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ