「とにかくデカイのがいいんだ!!」

男性は大きなものにこだわる人が多い。それが本能なのかどうかはわからないが、とにかく大きなものを作りたがる男性は世界中にいる。ドイツのデンマーク国境近くにあるシャハト・アウドルフという街に住むフランク・ドーズさん(49)もその一人だ。

最近、彼は今年の3月から制作してきた巨大な作品を完成させた。それがこちらである。

 

画像出典:dailymail.co.uk

 
画像出典:dailymail.co.uk

巨大自転車だ。重さは約1トン近く。スクラップメタルと農耕用重機のタイヤで出来ているのだから、この重さは当たり前である。

「これは間違いなく世界一重い自転車だ。間違いない!!」と完成を喜ぶフランクさんだが、うかうかしていると誰かに記録を更新されてしまう可能性があるので、今すぐにでもギネス登録しに行きたいと考えているという。

「今んところはベルギーのジェフ・ピーターズって奴が作った自転車が世界最重量らしい。奴のは860キロだが、俺の自転車は1トン近くあるからね。もし記録を抜かされそうになったら、どんどん重さを足していくよ」

このように、フランクさんは世界記録獲得のことで頭がいっぱいだ。

 

画像出典:dailymail.co.uk

が、しかし、一つ難題があった。記録獲得のためには、この自転車が実際にきちんと動くかどうか確認されなければならないため、500ヤード(約457メートル)運転しなければならない。

1トンの重さがある自転車を、彼一人で457メートルも運転できるのだろうか・・・?

 

画像出典:dailymail.co.uk

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:dailymail.co.uk/That’s wheelie big! German man has built a bicycle weighing nearly a TONNE which he claims is the heaviest in the world – but he has to ride it for 500 yards to win the official record
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)








この記事に関するまとめ