漫画家や作家、ダンサーやデザイナーなど、特にフリーランスで収入を得ている人などは飲み会などの席で人から質問攻めに遭った経験があるだろう。

そのような経験を漫画家の横山了一さん(@yokoyama_bancho)が漫画にしてTwitterに投稿し、話題となっている。

 

 
収入を聞かれ、ダンサーやシンガーなら「歌って、踊って」、漫画家なら「絵描いて、ネタにして」などだろうか。

しかしそれはサラリーマン同士の会話に置き換えたら、マナーに反する会話になってしまうだろう。

希少な職業だからといって、興味本位で質問しすぎると失礼になりかねない。

これには似た経験のある人から共感の声が多く届いた。

 

 

 

 

 
こちらに悪気がなくても、相手に不快感を与えてしまうかもしれない。

相手はその道のプロであるということを認識し、「もし自分がこうされたら・・・」ということも考えて、失礼のないようにしたいものだ。

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。








この記事に関するまとめ