死刑が廃止された近未来の日本。そこでは島流が行われていた−−。

死と隣り合わせのサバイバルミステリー『天獄の島(作・落合祐介)』をご紹介!

戦場ジャーナリストの御子柴鋭(みこしばえい)はある男を探しに島流しの刑の中でも最も重い“遠流(おんる)”の刑に処された。

御子柴はその島に行くために自ら殺人を犯したのだった。

そしてたどり着いたその島では奇妙な出来事ばかりが起こっていて・・・。

そんな『天獄の島』の第1話を少しだけ読んでみよう!

 

 

続きは“マンガアプリ”の『マンガSPOT』にて絶賛配信中!

最新刊まで読むことができるので気になる方は要チェック!

アプリストアで『マンガSPOT』で検索!
 








この記事に関するまとめ