アニメ『おそ松さん』(テレビ東京系)が大ブレイク中だ!

 

過激パロディなどやりたい放題な展開に注目が集まり、放送後は毎回ネット上が盛り上がる事態となっている。

もちろん原作は、故・赤塚不二夫作の『おそ松くん』だ。アニメ『おそ松さん』は、原作では小学生だった六つ子たちが大人になった世界を描く。

アニメ『おそ松さん』は「やりすぎ」「過激すぎる!」と言われるが、原作をナメていけない。もっとヒドいから・・・!

六つ子のヤンチャっぷりを中心に、マンガ『おそ松くん』の過激っぷりが分かる珍場面を厳選して紹介!!

攻めすぎだろ。

※各マンガのコマは画像タップしていただければ、拡大画像で読むことができます。
eBookJapanでは、期間限定で1巻無料&全34巻半額キャンペーン中!(期間:2016年1月14日(木)までキャンペーン期間がさらに延長になりました)
 

 

1.六つ子の裸デモ!

(C)Fujio Akatsuka
1巻「チョロまかしましたお中元」より

「ハダカデモだ、ワッショイ、ワッショイ」

 

2.ロボットをこき使う

(C)Fujio Akatsuka
4巻「キーコキーコとおてつだい」より

ロボットX1号でやりたい放題! 末っ子トド松の人心掌握術はこの頃から!? しかもロボットにも効き目ありとか計り知れない!!

 

3.六つ子、お母さんを捕まえる


(C)Fujio Akatsuka
1巻「おそ松はかっぱのおともだち」より

カッパを捕まようと計画した六つ子たち。その前にお母さんで練習中!? 27年前の“あんたたち”は、2015年“ニートたち”になっている・・・。
 

4.ケーキ屋がグチャグチャに!



(C)Fujio Akatsuka
3巻「ケーキと入れ歯の関係」より

野球バットを持っているのは十四松!?

 

5.猫をボコボコに!


(C)Fujio Akatsuka
5巻「逆襲ペペン作戦」より

カラ松が残念なのはこの頃から?(笑)。これがきっかけで一松は猫が友達になったのだろうか!?

 

6.チョロ松、衝撃の整形姿!



(C)Fujio Akatsuka
2巻「いかした顔になりたいよ」より

このキラキラ顔のままならDTではなかったのでは・・・!?
 

7.子ぐまを食べようとする

(C)Fujio Akatsuka
3巻「ハートがとびだす雪の宿」より

テンション上がりすぎ!?
 

8.病院にて


(C)Fujio Akatsuka
4巻「みんなおそ松がわるいのよ」より

チビ太への仕返しは徹底的に!
 

9.運動会、玉割り




(C)Fujio Akatsuka
2巻「めちゃくちゃ町内運動会」より

コショウに唐辛子、バッタ入り!?

 

10.超能力!?



(C)Fujio Akatsuka
34巻「人間やればできる!の巻」より

「べべーッ!」「めめめーっ!!」
 

11.イヤミで野球!?




(C)Fujio Akatsuka
34巻「トト子ちゃんそりゃないざんす!」より

太らせてイヤミで六つ子がサッカーはじめる!? 野球は、やはり十四松!?

 

12.イヤミがモテモテに!?




(C)Fujio Akatsuka
26巻「ホモホモクラス会」より

クラス会のはずが・・・。

 

13.蚊に刺されて



(C)Fujio Akatsuka
30巻「かわりの目玉をつけてちょー」より

イヤミの両眼が・・・。このあとダヨーン先生のトンデモ治療がはじまった。

 

14.痩せていく男






(C)Fujio Akatsuka
31巻「食欲は線となってきえたざんす」より

「棒」になってもイヤミということが分かる不思議(笑)。

 

15.降ってきた・・・




(C)Fujio Akatsuka
34巻「宇宙からの?(おそ松くん編)」より

どうやら食べるとエネルギーがあふれることになるらしい。

 

16.六つ子の髪型が!


(C)Fujio Akatsuka
4巻「イヤミマスターあたまにくるよ」より

髪型を個性的にすれば見分けがつく!?

 

17.父親も判別不能


(C)Fujio Akatsuka
1巻「あたまをまるめて家出をしよう」より

アニメ絵もあほ毛の数が微妙に違うんですよね~。このエピソードがもとなのか!?

 

18.30年後の世界



(C)Fujio Akatsuka
11巻「30年後のおそ松くん」より

原作から30年後、おそ松だけが若い!? 残り5人はけっこうおっさんに。

 

この過激さ、尋常じゃない・・・。

eBookJapanでは好評につき、期間延長して2016年1月14日(木)までキャンペーンが実施されている。『おそ松くん』第1巻が無料で読めるのでぜひチェックを! さらには全34巻セットが、通常10200円⇒ 半額5200円に。

『おそ松くん』全34巻では、六つ子、イヤミ、チビ太、デカパン先生といった人気キャラクターが理不尽展開をかましてくる。

やっぱ、赤塚不二夫は天才だわ。

 

関連:eBookJapan/おそ松くん
 

提供:eBookJapan

 
※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。


この記事に関するまとめ