もしも自分の夢を諦めるほどの才能が目の前に現れたら−−?

元・天才中学生作家と教育実習性を描いた『その才能分けてくれ!(作・オノデラユズカオ/作画・多口はじめ)』をご紹介!

なんの才能もない自分に落ち込んでいたある日、とんでもない才能を目の当たりにした教育実習生の龍谷。

そんな彼の目の前に現れたのは、あの天才作家の泉だった・・・。

 

 

続きはマンガアプリの“マンガSPOT”で配信中!

アプリストアで『マンガSPOT』で検索!

 








この記事に関するまとめ