週末に読みたいおすすめ漫画をご紹介!

今回は裏社会ジャンルのおすすめ作品を5つどうぞ。

 

新宿D×D (安童夕馬/彭傑/八坂考訓/FriendlyLand)

新宿歌舞伎町——。欲望の高熱にうなされ不治の病に冒されたこの街で小さな診療所を営む医者:伊達戌亥。
ワケありな患者が夜な夜な訪れるこの診療所に、ある日やっかいな患者、女刑事:醍醐まりあが現れる…。
闇をかかえる医者と女刑事が次々と謎の事件に巻き込まれていくサイコ・サスペンス。
 

 

野良をつく (東元俊也)

裏社会を描き続けた作者が挑む戦慄の潜入捜査官物語!!
主人公・飛沫凉は、関東一の武闘派集団・朱組に潜入し若頭補佐にまで伸し上がった。
全ては組長の朱蓮を逮捕するため…!! 極道の仮面を被った刑事のハードボイルド戦記!!
 

 

白竜HADOU (天王寺大/渡辺みちお)

ピカレスク劇画の金字塔!! 「白竜」「白竜LEGEND」に続くシリーズ最新作!!
新たなシノギの臭いを嗅ぎつけた白竜。それは……築山市場の豊波移転!!
莫大なる利権を狙い、闇へと切り込む!! 「この一件、私が仕切らせて頂きます」
 

 

ギフト± (ナガテユカ)

鈴原環は女子高生にして狩りのプロ。その標的は、人…!
更正を期待出来ない犯罪者と、その肉体を必要とする患者。
需要と供給が一致した時、少女の“仕事”が始まる!
鬼才・ナガテユカが渾身の筆致で問う命の価値とは!?
日本の地下社会で極秘裏に行われる“臓器売買”の闇に迫る衝撃作!!
 

 

蟻地獄 (板倉俊之/武村勇治)

話題作「トリガー」に続き、インパルス板倉俊之の描き下ろし小説をコミカライズ化。
作画は「トリガー」を圧倒的画力で描き切った武村勇治。
主人公・二村孝次郎は幼馴染の修平とともに裏カジノでの儲け話を画策する…そして……待ち受ける蟻地獄…。
手に汗握るアウトローサバイバル!!
 

 

上記は“マンガアプリ”の『マンガSPOT』にて絶賛配信中!

この週末はマンガを読んで過ごそう!

ダウンロードはこちらから!

 








この記事に関するまとめ