夢を乗せた初フライトが成功した!
 

画像出典:YouTube(ANNnewsCH)

国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェ­ット)」が11月11日午前、約1時間半の初飛行を実施した。

国産旅客機の開発は、戦後初のプロペラ旅客機「YS­11」以来となり、半世紀ぶりのことだ。

MRJは2008年から三菱航空機が進めているビッグプロジェクト。

フライト前には三菱航空機のスタッフが円陣を組んでいる姿も目撃されている。
 


 

またTwitterでも初飛行の成功を喜び、賞賛の声を送ったツイートが多数見られる。
 


 


 


毎日新聞の報道によると、MRJの開発にいたっての関連企業の人たちも現場に来ており、涙を流す人もいたという。

この初飛行成功により、日本の航空機産業は新たな段階に入ったことになる。

まさに歴史的瞬間!

 

(※↓詳しくはコチラへ)
参照:NHK NEWS WEB/国産小型ジェット旅客機MRJが初飛行
参照:SankeiBiz/「MRJ」初飛行!白い機体ぐんぐん上昇 「来たー」歓声湧き上がる
参照:毎日新聞/MRJ初飛行:「涙出た」離陸に歓声 空港周辺ファン殺到
参照・画像出典:YouTube(ANNnewsCH)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。




この記事に関するまとめ